今日のおかず

平日16時更新! たまに更新しない時もあるよ。 土・日・祝日は更新なし

KILLZONE SHADOW FALL

KILLZONE SHADOW FALLまとめ

「KILLZONE SHADOW FALL」

今回はまとめになります。
※ネタバレを多く含みますので、ご注意ください。

KILLZONE SHADOW FALLその1 始まり
KILLZONE SHADOW FALLその2 情報
KILLZONE SHADOW FALLその3 調査
KILLZONE SHADOW FALLその4 敵襲
KILLZONE SHADOW FALLその5 潜入
KILLZONE SHADOW FALLその6 脱出
KILLZONE SHADOW FALLその7 強襲
KILLZONE SHADOW FALLその8 反抗
KILLZONE SHADOW FALLその9 追跡
KILLZONE SHADOW FALLその10 それぞれの思い

KILLZONE SHADOW FALLをまとめた物ですので、
クリアーまでプレイするか、上記記事を読んでから、
読み進めてください。

元々、キルゾーンを製作しているゲリラゲームズは
ソニーコンピュータエンタテインメント(SCE)の子会社で
キルゾーンの様なグラフィックを出す為のライブラリを
サードメーカーに提供する役割も担っています。
つまり、KILLZONEはサンプルとしての意味合いもある訳です。
要するに、技術デモみたいなもの。
なので、絵は綺麗だけど物語としての内容は薄い訳です。

※カメラワークを見ると技術デモの様な動き方をしている部分があるのが分かる。

今までのKILLZONEは戦争がメインの話で、一兵士となって物語が進行します。
ヘルガストは絶対的な悪として描かれ、登場人物達も敵を倒すことに迷ったりしません。
やるか、やられるか それが戦場ですので。
今回のSHADOW FALLは、特殊部隊の隊員という事で、
ドンパチよりは、物語に重きをおかれた作りになっています。
主人公ルーカス・ケランは迷う人物として描かれ、
ヘルガストにも生活があり、苦しんでいる描写があります。
何も考えず、目の前の敵を撃ちまくる。そんな感じのゲームだったのが、
今作は悩む主人公とハーフの相棒という今までにない感じになっています。
ナンバリングでは無いのは、この辺が理由なのかもしれません。
k1


■トーマス・シンクレアの役割
シンクレアの目的は、ヘルガストを殲滅する事。
ヘルガスト=悪 という考えを最初から最後まで貫きます。
これは、過去作の登場人物と同じ思考パターンで、
過去作の主人公が今回出たら、というifのキャラともいえます。
名前も過去作の主人公("トーマス"・セブチェンコ)
トーマスとシンクロしたキャラ という意味合いがあるのではないかと思います。
k1

■シンクレアがルーカスを撃った訳
シンクレアの目的は、ヘルガストを殲滅する事であり、
最も確実で手っ取り早い方法が、生物兵器を使用してのヘルガスト殲滅。
それを破壊しに来たルーカスは敵であるという認識です。
敵と認識した者は徹底的に排除(殺す)するのがシンクレアであり、
それは一章のルーカスの父親との絡みの場面でも垣間見れます。

それと、自分にとって大事な人を感情に流され殺すというのは
過去作のリコ・ヴェラスケス軍曹と同じパターンです。
軍人であるリコにとって任務が大事であり、その時の任務が
スカラー・ヴィサリを拘束し、戦争犯罪人として裁くことで早期に戦争を終結する事
であった訳ですが、感情に流されて殺害してしまいます。
リコは初代KILLZONEから出演するキャラで、2以降は主人公の相棒として
登場する非常に重要なキャラです。

あと、ルーカスがヘルガストと和解すべきと説得しますが、
シンクレアは断固として受け入れません。
α部隊指揮官ネビル大尉がヘルガーンに取り残された際に受けた
「敵に投降せよ」という命令に反発したのと似ています。

シンクレアは、セブとリコとネビル(過去作の主要3キャラ)を
合わせたキャラともいえると思います。
k26

■マッサー博士の目的
マッサー博士は純粋に研究を追い求めるタイプの博士だと思います。
超絶的な頭脳で物凄い発明や発見をするが、
自分の研究が周囲に及ぼす影響や迷惑を何も考えない、
まさにマッドサイエンティストです。
ただ、マッサー博士は大量殺戮を楽しむかの様な描写もあるので、
サイコパスともとれます。
k30

■マッサー博士は何故亡命しようとしたのか
おそらく、研究するには人体での実験が必要であり、
カサンドラで見た死体は研究の結果死亡した人であったと思われる。
船内に残されていた資料や、ヘルガストの研究所内資料によると
実験に使用する人間の数が足りない事や、ヘルガストの人は
栄養状態が悪く病気で死んだのか、研究で死んだのか原因が特定しずらい
そのため、良質な研究体を提供してくれる(約束した?)ヘルガスト(スタール)
側に付く事を決めたのではないかと思われる。
k16

■マッサー博士はなぜカサンドラの研究員を皆殺しにしたのか
おそらく、スタールとの交換条件だったのではと思われる。
スタールとしては、この研究結果がヴェクタ側に漏れてしまったら、
何の意味もなさいので抹消する必要があった。
(お互いに最終兵器を持ってしまうと、持っているのに撃てない核の抑止力と
同じ効果になってしまう)
k20

■スタールの目的
基本的にKILLZONE3の時と変わらず、強いヘルガストの復権と、
それを操る指導者としての権力欲だと思われます。
大量破壊兵器は、政治的切り札としても使えるので、
ヴィサリ首相と取引し配下に置くなど、相変わらず頭は切れる奴のです。
k11

■エコーの目的
エコーは、途中まではヘルガスト市民の平和を望んでいました。
ルーカスと出会う事でヴェクタとヘルガストの共生を望むようになります。
彼女世代は物心付いた頃には、ヴェクタとヘルガストが同じ惑星に住んでいた
という事もあり、お隣どうし仲良くしようと思っても不思議ではありません。
k16

■エコーがルーカスを助けた訳
ルーカスがヴェクタ側のエージェントである事を知っていたので、
シンクレアを説得してくれるのでは、と期待した事。
それと、お互いの陣営が大量破壊兵器を使えば人類が滅亡する可能性も
あった為、ルーカスがヴェクタ陣営側から働きかけてくれる事を願った。

結果的に、2人とも、つまはじき者になってしまう訳ですが、
唯一、お互いに分かりあえる存在へとなっていきます。
k2

■エコーとヘラ・ヴィサリ首相の関係
エコーとヘラは親子です。
エコーはハーフという事になっていますので、父親は、ヴェクタ人となります。
ルーカスが捕虜となった際の会話で、エコーがヘラの事を母さんと呼んでいるあたり、
元々の親子関係は良好であったと思われます。(つまり元々は母さんと呼んでいた)
ヘラは首相になる為に家族を捨てたが、まだ完全には捨て切れていない
といった感じだと思います。
ヘルガーンがペトルサイトで全滅してから30年後の世界なので、
エコーの年齢から父親は、ヴェクタに来てから知りあった人物であると推測されます。
k7

■ラストシーンについて
ラストで、エコーがシンクレアを狙撃する訳ですが、
ここは、なかなかに興味深い考察が出来ます。
表面的には、ルーカスの仇打ちという事になる訳ですが、
エコーは、シンクレアがルーカスを撃ち殺した現場を見ていません。
シンクレアがヴェクタに戻った際に英雄となっている事を考えると、
ルーカスを殺した事は公表されていないと考えられます。
つまり、エコーはルーカスを殺した犯人は分からないという事です。
なので、エコーがシンクレアを撃ったのは別の理由。
ヘルガストとヴェクタの共生の為と、大量破壊兵器を再度作らせない為
であると考えられます。
なので、最後のセリフが仇打ちの事ではなく、
「ケラン(ルーカスのこと)ならこうしたわ」になっているのだと思います。

それと、シンクレアは先にも書いたとおり、
過去作の主人公を合わせたキャラの特徴を持っています。
エコーはヴィサリの孫にあたりますので、
ヴィサリ(の孫)が過去作の主要3キャラ(の特徴をもった人物)を
殺す復讐劇とも取れます。
スタールが言った「私が死んでも、必ず意志を受け継ぐ者が現れる」
「最後には我々が勝つのだ」に繋がっているとも取れます。

ヴェクタでもヘルガストでもない、ハーフが最後を決める事は、
この物語を象徴するラストであるともいえます。
k36




さて、そんな訳で今回でKILLZONE SHADOW FALLは終了です。
マルチプレイは時間がある時にボチボチやりたいと思います。

次は何やろうかなぁ。
Contrastやろうか、ゴーストのキャンペーン終わらせるか……。
ん~ 迷うなぁ。
13日にダークソウル2出るし短めのが良いかなぁ。

ごちそうさまでした

KILLZONE SHADOW FALLその10 それぞれの思い

「KILLZONE SHADOW FALL」

前回の記事からの続きになります。
※ネタバレを多く含みますので、ご注意ください。

これまでのあらすじ
タイランを排除したルーカスとエコー。
あとはスタールを排除し、生物兵器を破壊するだけです。


「お互いつまはじき者ね」
「最悪だけど、初めて共通点が出来たわ」と語るエコー。
最悪と言いながらも嬉しそうです。
k1

クレーターを出て生物兵器破壊にスタールの基地へと向かいます。
k2

クレーターを出ると、もう戦闘が開始されていました。
このままでは人類は全滅だ。
k3

うおー!この兵器懐かしい!
KILLZONE3の軌道エレベーターを守ってた奴だ。
こいつ倒すの苦労したんだよなぁ。
まぁ 今回は残念ながら戦闘は無し。
k4

つか、いっぱいいるんだけどw
これ量産されたのかよw
k5

何か爆発みたいなのが起こる。
k6

沈みゆくISAの巡洋艦群。
これが生物兵器!?
k7

先の爆発でエコーとの通信が途絶える。
生死は不明。
謎の重力装置を使って、スタールの基地へ侵入します。
k8

基地に到達。
スタールはこの中だ。
k9

入れそうなハッチを発見。
ここから侵入していきます。
k10

うはー 武器弾薬だらけ。
補充し放題です。
つまり最終決戦が近いって事ですね。
k11

制御室らしき場所に出ました。
敵はいますが、そこまで激しい抵抗はありません。
k12

入り口にシールドを展開して、そこから攻撃。
ほぼ無敵状態です(笑
k13

さらに奥。
作戦司令室ぽい場所に出ました。
k14

敵の激しい猛攻です。
ここはかなり難しいです。
ラストは強いボスと1対1で戦うというKILLZONEの常識を打ち破る、
BOTマルチプレイをやってる感覚です。
まぁ正直、理不尽なボスより、こっちのが楽しいです(笑
いろんな銃も使い放題(拾えば)ですからね。
k15

敵を一掃しました。
奥へ進みます。
k16

奥はエレベーターになっていました。
登りつつスタールの会話を聞く事に。
k17
「私が死んでも、必ず意志を受け継ぐ者が現れる」
「最後には我々が勝つのだ」
クソじじいがぁ 負け惜しみを!

なんじゃここは
k18

いました!
k19

じじい老けましたね。
後ろの肖像が懐かしい。
k20

!?
後方から銃声です。
k21

とっさに振り向くルーカス。
シンクレア局長!?
k22

自分も撃たれ倒れる。
局長!?
お仕置きにしたって、銃で撃つ事ないでしょ……。
k23

「兵器発見」
そう報告するシンクレア。
k24

ここからシンクレアの一人舞台。
「お前を誤解していたようだ」
「ヘルガストのクズどもが全てを奪っていったあの時から、
お前の事だけは信じられると思っていた」
「それが裏切られるとは」
「新ヘルガーンが存在している限り驚異は続く」
「そう言ってきたな……」
「ようやく、その驚異を取り除けるよ」
「永遠に……」

「いつもお前を守ろうとしてきた」
「結局守れなかったな……」
k26

バーン
k25

スタッフロールへ。
こんな終わり方って……。
k27

ぎゃー PS4が壊れた!?
k28

そして突然始まる。
k29

新聞を拾う。
どうやら戦争はヴェクタが勝利し終了した模様。
k30

敵はISAの兵士。
自分は誰何だ?
k31

クローク機能を活用して潜入していきます。
そういや~ クローク使える奴いたな……。
k32

スナイパーライフルをゲット。
k33

スコープのふたを開けると、赤ずきんちゃんが反射で映る。
k34

まぁ 予想どうり、自分はエコーです
k35

誰を狙撃しようっていうんだ?
k37

ですよねー(笑
k36

ケラン(ルーカスのこと)ならこうしたわ
そう呟き狙撃するエコー。
k38

この後エンドロールが流れて終了です。
後半はなかなか良い構成になっています。
これはプレイしないと分からない部分なので是非プレイしてくださいね。

ちょっと分かりずらい部分もあるので、
次回はまとめをやろうと思います。

ごちそうさまでした

KILLZONE SHADOW FALLその9 追跡

「KILLZONE SHADOW FALL」

前回の記事からの続きになります。
※ネタバレを多く含みますので、ご注意ください。

9章は結構長いので2回に分けます。

これまでのあらすじ
戦争を回避するためにシンクレアの説得を試みるも、
下された命令は、マッサーと生物兵器を確保せよというもの。
マッサー博士を確保する事に成功したルーカスだったが、
開発していた秘密兵器は人類とヘルガストを共に滅ぼしかねない代物だった。
これを阻止するには秘密兵器を破壊するしかない。
ルーカスはシンクレアの命令を無視し、エコーを信じる道を選ぶ。
しかしシンクレアからは「その女と逃げれば身の安全は保障しない」と
警告ともとれる絶縁宣言を言い渡される。
それでも、全てをすててエコーに賭ける覚悟を決めたルーカス。
いままで父親代わりであるシンクレアの言う事に従い生きて来たが、
自分の意思で道を選ぶ事で、青年から大人へと成長したルーカスに迷いはない。
ルーカスとエコーは必死に秘密兵器のありかを探す。
惑星ヘルガーンの廃墟で、ルーカスとエコーはタイランを追跡し
秘密兵器のありかを突き止めようとしていた。


エコーがついにタイランを発見。
k2

いました。奴を追跡します。
k1

クレーターの中に秘密基地らしき物が
k3

敵を排除しながら進みます
k4

基地は結構大きそうです。
k5

敵の数も多い。スナイパーで排除しながら進みます
k6

スキャンユニットに爆薬をセットします。
k7

もう1つも
k8
これで基地に潜入出来ます。

エコーが侵入し、扉を開けてくれました。
中に入ります。
k9

しかし中は何もなし。
どうやら生物兵器はタイランが持ち出した後の様です。
k10

スタールのファイルを発見。
もうヨボヨボのじじいになってます。
もう、あの頃の面影はあまりないですね……。
k11

コンテナ発着場を制圧します。
k12

コンテナシャトルで、タイランを追います
k13

クレーターの内部へ侵入すると、
そこは完全に要塞化された基地でした。
スタールめ……。こんな物を作っていたとは……。
そして戦争の準備は完了している様に見える。
k14
このままではヴェクタは全滅する。
シンクレアに退却するように連絡を取ろうとするが
無線は通じません。

基地の内部に入ってきます。
k15

指令室を制圧したルーカスとエコー
生物兵器のありかを探すまでの時間稼ぎをする事に
k16

結構な難所になっています。
敵の攻撃が非常に激しいです。
k17

エコーがハッキングに成功。
生物兵器の場所を突き止めたようです。
安心するのも束の間、タイランがこちらの場所を察知。
向かってきます。
k18

タイラン謎のバリアで守られてめっちゃ堅いです(汗
k19

ライフルモードのチャージショットを当てると怯むので
そこにマシンガンを撃ちこんでいきます。
k20

頭を滅多撃ち!
でも死にません(笑
KILLZONEのボスに相応しい奴です(笑
k21

エコーが取り押さえました。
k22
エコー「止める方法は?」
それに対して訳分からない事を言い出すタイラン。
k23
ぶちギレて殺すエコー。
きみら怖いわ……。

シンクレアと無線で連絡が取れた。
しかし「まだあの女と一緒にいるのか」と話は平行線のまま。
今はそれどころじゃないってのに(汗
でも、もう迷う様なルーカスじゃない。
絶対的な信念を持って「スタールを倒し生物兵器を止める」そう伝えるのであった。
k24

タイランのドロップシップを奪いスタールの元へ。
k25

無事に生物兵器を破壊する事が出来るのでしょうか。

次回ついに最終回!?

ごちそうさまでした

KILLZONE SHADOW FALLその8 反抗

「KILLZONE SHADOW FALL」

前回の記事からの続きになります。
※ネタバレを多く含みますので、ご注意ください。

これまでのあらすじ
エコーの助けを借り脱獄に成功するルーカス。
脱出する道すがら、ヘルガストの惨状を目の当たりにし、
心の中で何かが変わり始めるルーカス。
戦争を回避するためにシンクレアの説得を試みるも、
くだされた命令は、マッサーと生物兵器の確保であった。
あらゆる抵抗を排除して、ついにルーカスはマッサー博士を確保するが、
開発されていた生物兵器は、ひとつの種族を消し去るだけの超兵器であった。
マッサー博士を護送中にエコーが現れる。
シンクレアかエコーか、ルーカスの心は揺れる。


どちらにも決められないルーカス
ただ、エコーが悪い奴じゃない事は確かだ。
k1

「銃を下すんだ軍曹!」そう叫ぶルーカス。
エコーが本気なのは分かっている。
軍曹巻き添えになっちゃうよ~。
k2

エコーの決意は固い。
2人とも殺すエコー。
エコーには迷ってる時間も、立ち止まってる時間もない。
k4

「死んで当然よ」そうエコーは言うのであった。
まぁ 私もそう思います(笑
軍曹は完全にとばっちりでしたけど。
k3

「マッサーは死亡」そうシンクレアに報告。
彼女は信用出来る。シンクレアの説得を続けるルーカス。
k5
「故郷の命運がかかっているんだぞ!」怒鳴るシンクレア。
「その女と逃げれば身の安全は保障しない」厳しい一言。
しかし、ルーカスはシンクレアではなく、エコーを信じる事に決めた。

生物兵器を止める為、オービタルダイバーという一人乗り用の小型艇で
ヘルガーンに向かいます。
k6

外は当然ながら成層圏外です。
惑星ヘルガーンへ向けて降下します。
k7

大気圏に突入。こんな小さいので大丈夫なの?
k8

ここからはダイビング。
k9

敵のドロップシップを追っていきます。
隕石に激突して損傷しているので、煙を追えば場所は分かります。
k10

雲を抜けるとそこは、廃墟と化したヘルガーン。
避けならながら進んで行きます。
ここも屈指の難易度を誇ります(笑
10回は死にました。何度辞めようと思った事か……。
k11

地表に到着。
煙を追って進む事に。
「こんなの生まれて初めて見たよ」ちょっと観光気分のルーカス。
そりゃー惑星ごと死滅しましたからね。
k12

エコー
「これは必然だったのよ」
「マッサーが生きていては信用されない」
「双方ともこの惑星を破壊しようとした」
「過ちを繰り返させてはならない」
ん~ 断片すぎていまいち何言ってるのか分かりません。
過ちとは、かつてペトルサイトでこの星が滅んだ事だと思います。

ルーカス
「安心しろスタールを探し出し生物兵器を破壊する。」
男らしいルーカス。親離れ出来て一人前になりました。
k13

エコーと分かれそれぞれ煙の場所へ向かいます。
k14

地表はボットだらけ。
人が住めなくなって、かつて使われていたボットだけが残された状態。
k15

ここは!かつてヴィサリ宮殿があった所じゃないか!
変わり果ててしまっていますね。
ラデック大佐とのクソゲー死闘を思い出します。
k16

ボット軍団の猛攻で懐かしんでる余裕はありません。
ゆっくり観光させて(汗
k17

中は完全に廃墟になっていました。
2の頃はあんなに綺麗だったのに。
k18

先に進むと、墜落現場を発見。
k19

そしてタイラン生きてました。
まぁ分かってたけどね(笑
k20

飛び去るドロップシップ。
奴を追えば生物兵器のありかが分かる!
追うルーカスとエコー
k21

タイランはこの先です。
k22

タイランを追うエコーとルーカス。
無事に生物兵器まで辿り着けるのでしょうか。

それでは次回

ごちそうさまでした

KILLZONE SHADOW FALLその7 強襲

「KILLZONE SHADOW FALL」

前回の記事からの続きになります。
※ネタバレを多く含みますので、ご注意ください。

これまでのあらすじ
ヘルガストのテロ組織ブラックハンドの指導者タイランを追って
ヘルガーンに潜入し始末する事に成功(?)したルーカス。
そこで、タイランを操っていた真の黒幕はスタールである事を知る。
その時の戦闘で負傷したルーカスは捕えられ投獄されてしまう。
ヘルガスト皇帝スカラー・ヴィサリの娘であり、
惑星ヴェクタ内の自治区「新ヘルガーン」の首相ヘラ・ヴィサリの娘
エコーにより、脱獄することに成功。
そこで、ヘルガストの民衆が苦しんでいる現状を見る。
それはヴェクタによる経済制裁によるものであった。
お互いの種族が、お互いに認め合えないが為に起きていた惨状。
ヘラの言う「もとは同じ種族なのに……」という言葉が胸に刺さる。
エコーに諭され、ルーカスの中で何かが変わろうとしていた。
お互いを憎しみながら戦争へと突き進む両種族。
そうなればスタールの思うつぼ。ヴェクタの大量虐殺が始まる。
2人で協力し、壁の向こうへ脱出する事が出来たルーカス。
戦争を回避し、スタールの野望を阻止する事が出来るだろうか。


シンクレアを説得しようとするが、全く聞く耳を持ってもらえない。
どうやら、シンクレアにとってヘルガストとは、敵という認識よりは
害虫に近い認識の様です。(排除するためなら何をしても良い)
ヴェクタ側のスタールと言っても良いと思います。
k1

ハーフの女と、私と どちらを信用するんだ。
とシンクレア。
ルーカスにとってシンクレアは父親も同然です。
今まで従順な息子でしたからね。父親としての怒りもごもっとも。
でも、子供っていうのは親から巣立って行くもんですよ。
k2

今回の任務は、生物兵器と、マッサーを連れ戻すことが任務となります。
場所は破棄された旧ヘルガーン(惑星)にあるペトルサイト採掘場。
k3

衛星軌道上に設置されており、見た目はまさに軌道エレベーターです。
k4

周りは宇宙デブリが大量に浮かび、何か爆発があった事をうかがわせる。
k5

前回も使ったアレで侵入します。
k6

内部は重力ブロックになっています。
シンクレアの無線指示に対して
ルーカスは「言われなくても分かってます」と完全に反抗期。
k7

内部へはここからダイブするしか無いみたいです。
怖いっちゅーの(笑
k8

そしてダーイブ!
KILLZONE屈指の難易度を誇りますw
ここで5回以上死にましたよ……。
k9

下まで到着しました。
採掘塔に潜入します。
k10

ここからはバリアを展開した敵兵士が登場。
堅いのでヘッドショットしても数発じゃ倒せません。
OWLのスタンスキル(EMPみたいの)を使ってバリアを剥がすか、
ライフルモードのチャージショットで確実に仕留めるのが良さそうです。
k11

採掘塔のハッチを解放することに成功。
敵を排除しながらハッチに突入します。
k12

研究室を発見。
潜入します。
k13

この中、めちゃくちゃ敵がいます。
バリアの敵も多いし、なかなかの難所となっています。
k14

マッサーをついに発見。
k15

この後におよんでも、まだ邪魔しないでというマッサー。
この光○マジでむかつくわぁw
k16
マッサーは、もう手遅れよ。とルーカスに告げる。
生物兵器はすでにスタールに渡っている様だ。
カサンドラにあった物とは比べ物にならないほどの規模よ。と笑うマッサー。
「私はあれを培養しようとしてきた」「大規模な臨床実験をこの目で見るのが楽しみだ」
こいつ…完全に狂ってやがる……。

「私達がいるかぎり、彼らは新の潜在能力を発揮できない。」
「全員死ぬの」
とマッサーは締めくくった。
彼らの潜在能力ってなんだ?

第二掘削塔に回収チームが待機中との事。
マッサーを連れて向かいます。
k17

まだ、研究研究言ってます。
そして、止める手助けは一切しないと言い張ります。
もう殺した方が良い気がしますw
k18

回収チームと合流。
k19

ヘルガスト軍がマッサーを取り戻そうと侵入してきました。
反撃して脱出の準備が整うまで耐えます。
k20

固定砲台に乗って撃ちまくり(笑
めっちゃ気持ち良いですw
k21

敵の猛攻を耐えきり、マッサーを連行しようとした所にエコーが登場。
そういやー 48時間以内にマッサーを殺すって言ってたわ……。
いままでどうり父親代わりのシンクレアに従い、エコーを排除するか。
シンクレアを裏切り、エコーに付くか。
ルーカスにとって究極の選択を迫られる。
はたしてルーカスはどちらを選ぶのか。
k22

それはまた次回に

ごちそうさまでした。
スポンサードリンク
群狼旅団の休憩所・改

記事検索
オススメゲーム

発売中!絶賛プレイ中です♪


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


絶賛発売中!




信長の野望・創造 with PK
PSVita版発売中!!


信長の野望・創造 with PK
PS4版発売中!!


『Corei7-4790』+NVIDIA『GeForce GTX970』搭載 G-TuneゲーミングPC


HORI リアルアーケードプロ
PS3/PS4両対応で将来性あり!
プロも使っています

ギャラリー
  • 【MHW再始動】ゾラ・マグダラオス撃退完了!
  • 【MHW再始動】ゾラ・マグダラオス撃退完了!
  • 【MHW再始動】ゾラ・マグダラオス撃退完了!
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ