今日のおかず

平日16時更新! たまに更新しない時もあるよ。 土・日・祝日は更新なし

2014年02月

KILLZONE SHADOW FALLその4 敵襲

「KILLZONE SHADOW FALL」

前回の記事からの続きになります。
※ネタバレを多く含みますので、ご注意ください。

これまでのあらすじ
ISA軍生物工学の極秘研究施設である宇宙巡洋艦カサンドラの
破壊という任務を受けて単身で乗り込むルーカス。
そこには異様な光景が続いていた。
カサンドラでおこなわれていた研究とは、船員のログなどから推測するに
ヘルガストだけを殺す細菌兵器(新型のペトルサイト?)的な物を研究していた模様。
これがシンクレアの言う「純粋な抑止力」に相当すると思われる。

船内に残されていた死体は、おそらく研究中に死亡したヘルガスト。
中には焼却処理された者もありました。
換気装置に何か入れられて人間(ヴェクタ人)は全員殺されたらしい。
状況から推測するにマッサー博士が証拠隠滅の為に細菌を流したと考えるのが妥当。
ですが、人物像的に研究第一で人命など道具だと思ってる節がある。
そんな人物が、なぜほぼ完成している(と思われる)研究を捨てて
研究員の口を封じる必要があるのか?

自分専用ともいうべき研究施設を持ち、マッサー博士主導とも
いえるログ内容から、発言権は相当高かったと思われる。
なのに何故、ヘルガストに亡命しようとしていたのか?
(俺なら止められたという人物のログから推測するに対立があった?)

潜入後、カサンドラの破壊に成功するが、マッサー博士の身柄は
ヘルガストの特殊部隊員エコーに拘束されてしまう。

亡命しようとしている人物を保護する為に来たと思われるエコーは
「マッサーは、おこないの報いを受ける。」と発言している。
この言葉の真意はどこにあるのか?
(エコーは何かを知っていてヘルガスト軍にいながら独自で動いている可能性?)
「あなた達は全員死ぬのよ」とマッサー博士は言っていたが、
亡命する先の住人を殺す為に亡命とか、どう考えてもおかしい。
マッサー博士がヘルガストに送ったとされている偵察部隊救出時にみつけた情報は、
いったい何だったのか?
シンクレアは何を知っているのか?どこまで知っているのか?

ルーカスはヴェクタ安全保障局(VSA)本部へ帰還し、冷戦状態の中
今後の対策をシンクレア局長と協議するために出頭する。

VSAの本部上空に到着。
めっちゃ綺麗でしょ?
これムービーじゃなくて、そのままシームレスで動きます。
ここで使ってるSS(スクリーンショット)は動画から切り出した物なので
実機はもっと綺麗ですよ。
k1

VSA本部ビル前に到着。
スーツ姿の人とかもいて、軍部というよりはオフィスといった感じ。
k3

その時、突然爆発が!!
k2

辺りはまるで荒野に……。
悲鳴が周りから聞こえてきます。
そんな惨状の中VSAの隊員が救出に来てくれました。
ふぅ 助かった。
k5

なん…だと……
k6

おいおいおいおい
k7

!!!!????
k8

まじでー!?
k9

でも、そんなのは想定内。
カウンターナイフでヘルガスト兵を排除。
k10

そして戦場と化した広間を抜けビル内へ潜入開始。
ヘルガストのテロリストが多数いる事が予想出来る。
慎重にすすまねば。
k11

テロリストと銃撃戦を繰り広げながら、
内部へ進んで行きます。
敵の目的はメインフレーム(中央コンピューター?)の様です。
k12

奪取されていたメインフレームを取り戻す事に成功。
そして、シンクレアと通信する事が出来た。
街中が攻撃を受けているとの事。
すぐに来てくれと言われたので向かう事に。
k14

ビルの外へ出たところでシンクレアと合流。
k15

シンクレア「こんな事が起こるのは前から分かっていた。」
「新たな段階へ進むべきだ。」
まぁ 冷戦状態でしたからね。テロが起きることは予測出来た訳ですが、
新たな段階って何でしょう?戦争って事ですかね?
k16

テロリストからの放送を確認。
首謀者はブラックハンドと呼ばれる組織の様です。
お前達に贖罪(しょくざい)を与えるとブラックハンドが言っています。
そしてシンクレアのこの↓表情。
相当お怒りの様です。
そして、知った顔だった様で「ヴラドコ・タイラン……。 探せ!」
とシンクレア。
どうやらこいつは、テロ組織ブラックハンドの指導者だそうです。
このテロ組織は、この世界では有名ぽいです。
k18

シンクレア「奴らに言ったよ」「これは戦争だ」「猶予を与えていたんだが」
「それが間違いだったんだ」「先制をかけていればこんな犠牲は出さずに済んだはずだ」
なるほど。
シンクレアは前から警告を出していたから、こんなにお怒りなのね。
って、「奴らに言ったよ」の”奴ら”って誰の事ですか?

そんな話をしていると、列車に敵の反応が……。
敵はどうやら列車に爆弾を乗せてミサイル代わりにするつもりらしい。
これはビル爆破以上の犠牲が出る可能性がある。
阻止するために急いで現場に向かいます。
k20

次々と電車の制御を復旧させていくルーカス。
そしてラストの電車に到着してみると、そこは爆弾の山。
しかもカウントダウン中。これはもう外しても間に合わない。
電車の行き先は中央駅。このまま電車が突っ込んだら大変な事に。
k23

レールフックを破壊して電車を脱線させる作戦へ。
これ下に落ちても大丈夫なの?w
k25

破壊成功。大勢の命を救いました。
まぁ 私は幾度となく世界を救ってきてますからね(笑
k26

そしてついにタイランの居場所を突き止めた。
シンクレア「オフレコだが人質よりタイランを優先させろ」
まぁ あんたはそういう人だよね。
地上部隊と協力して潜入します。
k27

中は敵だらけ。
上手く潜入しないと、すぐ蜂の巣にされます。
k29

人質を全て救出すると、タイランはここから7階下に居るとの無線連絡が入りました。
ラペリングで潜入します。
k30

タイランを発見するも逃げられる。
地上部隊「奴を生け捕りにしろ」
シンクレア「今のは取り消す。撃ち殺せ」

シンクレアは、ずいぶんとヘルガストを憎んでいるみたいですねぇ。
まぁ ルーカスも目の前で親父殺されてますから、憎んでいるとは思いますが。
k32
そういやー、シンクレアの名前は、トーマス・シンクレアだったなぁ。
ん?3の主人公の名前は”トーマス”・セブチェンコ
まさかね(笑
セブはロシア系の人で黒人じゃないし、全然似てないしね(笑
たまたま同じ名前なだけだなw

ドロップシップで逃げようとするタイラン
k33

都合良く出てたロープにつかまるルーカス。
k34

撃たれそうになるルーカス やばい。
k36

ナイフで反撃。
k35

自分はドロップシップから落とされ、パラシュートで脱出。
タイランは壁の向こうへ逃げて行きました。
k37

このままではゆるさーんって事で、次回はタイランを追って壁の向こうへ。
テロリストは許しません。

ごちそうさまでした。

KILLZONE SHADOW FALLその3 調査

「KILLZONE SHADOW FALL」

前回の記事からの続きになります。

これまでのあらすじ
捕えられたヘルガスト側エージェント(エコー)との
捕虜交換で帰還したルーカス(自分)
ヴェクタ安全保障局(VSA)のシャドーエージェントとして本部へ出頭する。
シンクレア局長から帰国後初となる「情報の確保と偵察部隊の脱出」の任務を
受け無事成功させるのだった。

そして、もどったルーカスに新たな任務が言い渡される。
k1

ISA巡洋艦カサンドラ。
生物工学の研究施設として極秘に使用していたらしい。
ここで何かが起こっているとのこと。
奪取した映像によると、ウィルス汚染がどうの といった内容。
隊員曰く「事故じゃない故意におこされたものだ」
接触しようとしたが応答がないみたいです。
k2

ルーカス「何の研究を?」
シンクレア「わが軍の切り札になるはずだった」
「純粋な抑止力」「ヘルガスト軍に悪用されると歯止めが効かない」
「戦争どころじゃない!虐殺だ!」
んんん? 大量破壊兵器的な何かですか?
しかも生物工学の研究所って、それって細菌兵器とかって事?
いやいやいやw そんなもん研究させてるお前もどうかと(笑
k3

前回の作戦で入手した情報は、カサンドラから送信された情報だったらしい。
送信者はマッサー博士。
どうやら亡命する気らしい。
k4

公には出来ない理由があり、極秘に処理をしてほしいとのこと。
事故にみせかけて太陽に突撃しカサンドラごと消滅させるのが
今回の任務のようです。
k5

宇宙巡洋艦カサンドラに到着。
k6

外壁の一部に穴をあけそこから潜入します。
k7

無重力エリアを抜け、重力ブロックに入った所で、
バイオハザードマークが……。
k8

一か所どころじゃない。そこらじゅうにバイオハザードマーク。
この施設はやばい。
k9

怪しげな研究施設だなぁ。
シンクレアは何か知っている風だったけど、
嫌な予感しかしませんよ……。
k12

いたるところに死体の山。
どうなってんだここは……。
k13

重力ブロックを抜け無重力エリアへ。
船員居住区へ移動します。
k14

ここも死体の山。
船員のログを見つけたので確認すると、
換気装置に何か入れられて全員殺されたと記されていた。
骨から肉が剥がれたとか言ってる。
怖いんですけど……。
だけど、人間の乗組員は何ともない。副作用も無い。
人類史上最悪の研究。俺ならマッサーを止められたと言っている
これって、マッサー博士が何かしらかかわっているって事ですかね。
k15

なんぞこれー!
焼死体なのかな?やべぇ……。
ここはまさに地獄ですな。
k16

そんな感じで死体の山の中を進むと、進路制御室へ到着。
ここでカサンドラの進路を太陽に変更します。
次の任務はリアクターの復旧。
船体下部へ向かいます。
k17

途中でヘルガスト兵に遭遇。
マッサー博士が送信したという情報により、
ヘルガストも動き出していたという事でしょうか。
k18

船体下部へ移動後リアクターを復旧。
これで任務は完了。
シンクレアからの無線により、潜入していたヘルガストに
マッサー博士をつれていかれたとの事で取り戻すために研究施設へ向かう事に。
k19

道中みつけた映像に、マッサー博士らしき人物が。
被験者はどうやらヘルガスト人で、この後死亡した。
やはり、細菌兵器らしき物を作っていたみたいだ。
こいつは、とんだマッドサイエンティストだぜ……。
k20
シンクレアが言っていた「わが軍の切り札」ってこれの事ですかね?
平和の為にって原爆作ったどこぞの国と同じじゃないですか……。
笑い事じゃ済まなくなってきたぞ。

そして、そこにエコーが乱入。
エコー「これが、あなた達の仕打ち?」「私達を実験台に……」
ルーカス「これを破壊する為に来たんだ」
エコー「誰が信じるか!隠ぺいしに来たくせに」
(ごましお心の声 ドキッw バレテマスw)
エコー「ヘルガーンの破壊じゃ足りないのか」
(ごましお心の声 それは私のせいじゃないですwスタールが悪いかとw)
エコー「罪の無い者はこれ以上死なせない」
ルーカス「……」

ルーカス「マッサーはどこだ?」
エコー「マッサーは、おこないの報いを受ける。」「ヴェクタの指導者もね」

ん?あれ?マッサーは亡命しようとしてるんじゃなかったの?
なんか、シンクレアの話と違うなぁ。
エコー達もマッサーを捕まえに来たって事なのか?
k21

この後エコーちゃんとイチャイチャした後、蹴り入れたら逃げられちゃいました。
ん~ もう少しお話聞かせて~。まったく状況がのみこめないの~(笑
k22

太陽が近い。
このままじゃ自分もやばい。早く脱出せねば。
k23

脱出ポットは全て使われてしまい、絶体絶命のピンチに。
このままでは、カサンドラと共に太陽へ……。
k24

宇宙に放り出されるルーカス。
目の前にはヘルガストの巡洋艦が。
これはおそらくエコー達が乗って来た船なんだろう。
k25

マッサー博士は、エコー達に連行されてしまったようです。
つか、光浦さん?w何してんの?w
k26

ここで気になる会話が。

エコー「彼女を拘置室へつれていって」
マッサー「あなたは他と違うわ」
エコー「なんですって!?」
マッサー「別物ね」「ヘルガストの事は知ってる」「本人達より詳しくね」
「ある特質があるのよ」「そう あなたには無い」「他の血が混ざっている様ね」
「サンプルをくれれば、遺伝子のうち何パーセントがヴェクタか」
「喜んで教えてあげる」

「推測では…… 半分上。」

エコー「連れて行って 早く」

マッサー「あなた達はみな死ぬのよ。」
そして、このドヤ顔である。
k30
命で遊んでやがる……。
こいつは、マッドサイエンティストというか、サイコパスだな……。
しかし、エコーがハーフだという事はシンクレアの情報から分かっていましたが、
半分以上って、クウォーターって事?
それと、ある特質ってなんだ?

そんななか死にかけのルーカス。
k27

そこへ救出隊が到着。九死に一生を得ました。
k28

地表へ戻って来たルーカス。
VSA本部に出頭する事になるのですが、ここで大事件がおこります!
k29

と、いうわけで続きは次回。

ごちそうさまでした

KILLZONE SHADOW FALLその2 情報

「KILLZONE SHADOW FALL」

前回の記事からの続きになります。
今回、キャプチャにミスって一部画像が無いです(汗
雰囲気だけでも伝われば良いけど……。

捕虜交換により、無事に生還したルーカス(自分)。

シンクレア「良く帰って来た」と笑顔でのお出迎え。
どうやらルーカスは見方を逃がすためにヘルガストに捕まった模様。
シンクレアから「あんな事は二度とするな」と怒られました。
k1

シンクレアから、色々と情報を入手。
人質交換で来ていた謎の女性について。
コードネームは「エコー」。
人類とヘルガストのハーフであり、それ以外の詳しい事は不明との事。
k13
※前回紹介した捕虜交換時にISA側から出された捕虜

それと、壁に関する交渉が決裂し一色触発の状態。
ヘルガストが軍事準備を開始したとの情報を得て
偵察を向かわせたが2時間前から連絡が途絶えたらしい。
それらの調査に向かってくれと頼まれる。
作戦は隠密行動。
敵に気付かれずに偵察部隊が入手した情報を持ち帰るのが
今回の任務の様です。
k2

武器はナイフのみで潜入開始。
装備類は先に投下済みなので、とりあえずそこへ向かえとの事
k3

敵をナイフキルして進むと、装備投下場所に到着。
ここでOWLという攻撃型ドローンを入手。
k4

攻撃から情報端末のハッキング、ラペリングなどなど
とても頼れる相棒です。
k5

武器も入手。
ここで入手した銃には変形機能がついていて、
ライフルモードと機関銃モードに切り替える事が可能。
これは結構便利です(笑
k8
分かりにくいけど↑がライフルモード
↓が機関銃モード
k9
バレルが出たりひっこんだりして、サイトも変わります。
ライフルモードはチャージしないと撃てない仕様で、
連射はもちろん、とっさに撃つ事さえ出来ないですが、
当てられればほぼ一発の威力があります。

隠密行動のはずが、敵に見つかり銃撃戦へ(笑
まぁ…… 大丈夫でしょ(笑
k6

途中で見方の偵察部隊を発見するんですが、
ドロップシップ(兵員輸送用の飛行機)は墜落させられていました。
墜落現場を色々と調査し仲間と合流。
(ここらへんキャプチャーミスって画像なし)

「敵に手がかりを与えないよう、墜落したドロップシップに爆薬をセットする」
「脱出時に撃ち落とされないよう、敵の対空砲に爆薬をセットする」
「敵の通信施設をハッキングする」

というミッションが同時に発生。
まずはドロップシップに爆薬をセット。
これは簡単でした。

次に敵の通信施設をハッキングしに行きました。
まぁ これも特に問題無く終了。
k7

最後は対空砲に爆薬をセット
途中崖があって行き方が分かりませんでしたが、
脇に小道があってそこから登れました。
k10
見づらいけど、対空砲は2門。
遠くに皇帝ヴィサリの像が見えます。
あいつ実は生きてましたとかないよね?w

2つの対空砲に爆薬をセットして完了。後は脱出するだけです。
k11

この3つのミッションは、どの順番にこなしても問題なし。
ただ、ドロップシップに爆弾→対空砲→通信施設が一番楽だと思います。
途中、順番が入れ違ったのは道に迷ったせいです(笑

敵のドロップシップを奪う為に基地へ潜入開始。
途中で敵に発見され戦闘になりますが、
ドローンと見方を駆使して切りぬけます。
k12
OWLに攻撃指令。こいつ脳筋野郎リコ・ヴェラスケス軍曹より優秀ですよ(笑

途中やられちゃったんですが、アドレナリンパックを使って
OWLに蘇生してもらう事が出来ます。
FPSってやられちゃうと、チェックポイントからやりなおしなんですが
即蘇生出来るのでテンポ良く進めます。
もちろんアドレナリンパックが無いと蘇生出来ないので
チェックポイントに戻されちゃいますけどね。
k13
KILLZONE3の時はリコ・ヴェラスケス軍曹が蘇生しに来てくれたんですが、
そのつど、ゴリラ顔をドアップで見る事になって不快でしたが、
今回はドローンなので、その心配もありません(笑

突っ込みすぎて大混戦に(汗
もう完全にパニックですよ(笑
k14

何とか進めてドロップシップ制御室へ到着。
ここでドロップシップのハッキングを開始します。
準備が出来るまで、ここを守らないといけない。
k15
ここもOWLが大活躍。リコなんて要らなかったんや……。

敵の猛攻が続く。
ここかなり厳しいですよ(汗
k16

敵ドロップシップからの増援。
もう勘弁してください(涙
k17

そんなこんなで何とか脱出する事が出来ました。
(色々失敗して、ここも画像なしですw)

そして、ここで回収した情報にとんでもない物が入っていたのですが……。
続きは次回

ごちそうさまでした。

KILLZONE SHADOW FALLその1 始まり

「KILLZONE SHADOW FALL」
昨日書けなかったので詳細を。
今回の記事を書く前にKILLZONEのおさらい。

宇宙共和国「ヴェクタ」と、独裁国家「ヘルガーン」との惑星間の戦いが
この話のメインです。
自分(主人公)はISA(惑星間戦略同盟)のエリート隊員からなる"α部隊"に
所属するトーマス・セブチェンコ軍曹になって物語が進行します。

戦争は膠着状態におちいり、泥沼とかしている状態。
そこでヘルガストの独裁者であるスカラー・ヴィサリ本人を拘束し、
戦争犯罪人として裁くことで早期に戦争を終結させ、
独裁政治により圧制された民衆を解放するという名目の元、
ヘルガーンへ降下作戦を展開する訳ですが、脳筋野郎のリコ・ヴェラスケス軍曹が
感情に流されてスカラー・ヴィサリを殺害してしまう。

ここまでがKILLZONE2


スカラー・ヴィサリを殺害されて、怒り心頭のヘルガスト軍が総力で反撃を開始。
ISA軍は皇帝ヴィサリを捕らえるという任務を果たせず
ヘルガーン退却を余儀なくされた。
しかし、ヘルガスト海軍最高司令官オーロックの戦艦群に巡洋艦を駆逐され、
ヘルガーンに取り残される事に。
ヴェクタに援軍を要請するも、帰って来た返事は「敵に投降せよ」との事。
ISAヘルガーン侵攻軍α部隊 指揮官ネビル大尉はそんな条件は飲めないと
反発するも、隠れていたキャンプをヘルガスト軍に襲撃され、
セブ(自分)と共に敵の捕虜となってしまう。

そこに助けに来たのが問題児リコ。
リコと共闘して、ネビル大尉他捕虜になっている隊員を救出すべく行動。
その時にヘルガスト軍が謎の緑物質”ペトルサイト”を生成しているのを発見する。
この謎物質、さわると体がパーン(笑)ってなる恐ろしいのもで、
この物質を使ってヴェクタへ侵攻する作戦が進行しているところでした。

これはヤバいって事で、ヘルガーン脱出作戦からヴェクタ侵攻阻止作戦へ変更。
作戦を阻止すべく軌道ステーションへ向かいます。

そんな中、ヘルガーン最大の武器研究/製造企業スタールアームズ社のCEO
ヨハン・スタールが私利私欲の為にヘルガスト軍の主導権を握ろうと
クーデターを起こし、オーロックを暗殺。
これを契機にスタール派とオーロック派が戦闘を開始。
軌道ステーション内は三つ巴の大乱戦となってしまう。

最終的にスタールの戦艦を破壊し、戦闘は終息する訳ですが、
この戦艦がペトルサイト生成工場に墜落し、ヘルガーンが
ペトルサイトで覆われる。

ここまでがKILLZONE3


そんで、やっとKILLZONE SHADOW FALLでございます(笑

ペトルサイトがヘルガーンを覆います。
k1

そしてヘルガーンは人が住めない不毛の地となってしまいました。
k2

一時的な休戦協定が結ばれ、ヘルガスト達は難民となり他の星へ移住する事に。
k3

当然、そんなに都合良く星がある訳なく、移住先はヴェクタ。
ヴェクタの半分をヘルガストに明け渡すという事になりました。
k4

ヴェクタ住人は移動を余儀なくされ、新たに新ヘルガーンが誕生した。
k5

大きな壁で惑星を区切り、ヴェクタとヘルガストが住むという異様な状態。
そこで、父親(マイケル)と今やヘルガーンと化してしまった祖国を捨て
壁の向こう(ヴェクタ)へ逃亡しようという所から物語は始まります。
k6

自分の名前はルーカス。パパと脱出中に、シンクレアと名乗るおっさんと出会う
k7

3人で脱出を図る訳ですが、パパは理想主義的な人で、シンクレアは現実主義的な
一面を見せる。
k8

ドジっ子パパが敵に発見され、ついに捕まってしまう。
k9

そしてさらに、パパ撃ち殺される。
「とーちゃーん!!!」(涙
k10

そこへ助けに来たのが謎のおっさんシンクレア
k11

彼についていくことで壁の向こうへの脱出に成功。
その後、パパの仇を討つべく軍に入隊。
14年の歳月が流れました。
k12

壁の向こうの祖国を取り戻そうと戦いを開始するルーカスですが、
ヘルガスト軍に捕まり処刑されかける。
そんな中、捕虜交換という事で解放されることになる。
名称未設定-7

捕虜交換で来ていたヘルガストの謎の女。
彼女がどう物語に絡んでくるのか、楽しみであります。
k13


ここまでで1章です。
まだ全然撃ち合うところもなく、物語の導入部分という感じ。
次回からはドンパチし始めますよ。

今日も長くなっちゃったので、続きは次回に。

ごちそうさまでした

PS4でラオウさん(フレンド)と遊びましたよ

昨日は「Call of Duty Ghosts」を試しにプレイ。
さくっとボット戦をやってみました。
jpg large

人数は18人のマックス設定でやってみましたが、
人数とマップのバランス的にこれが最適ですね。
cod1

PS3版は12人対戦でしたので、人を探す作業ばっかりでしたが
これなら、BO2の時みたいな感じで遊べます。
cod2

綺麗になってるので敵は視認しやすいですが、コントローラーも違うし
AIMが微妙に合いませんので、ここは練習が必要になりそう。


「RESOGUN」をお試しプレイ。
jpg large

ファンタジーゾーンみたいに、横に進むのではなく、
ループするマップでシューティングをする感じのゲームです。
こういうゲームはあまり得意ではないので、1面?もクリアー出来ずに
ゲームオーバー。
r1

お手軽に出来るし、すぐに終わるので暇つぶしには丁度良いゲームです。
空いた時間に、少しずつ進めようと思います。


そんな感じで1人で遊んでいた訳ですが、
ラオウさんが来てくれたので色々と試してみました。

まずはブロードキャスト配信のテスト。
なぜか「龍が如く」が配信出来なかったんですが、
「Call of Duty Ghosts」と「KNACK」(ナック)は見る事が出来ました。
ラオウさんの実際のプレイと、私側の配信動画だと
当然ですがラグがありますので(1~2分くらいある)、
話がかみ合わなかったりしますが、雰囲気は伝わるし結構面白い。
やっぱり人のプレイを見るのは楽しいです。
友達の家でわーわー言いながらゲームしてる感覚です(笑

配信のラグは、PS4で視聴するほうが少なめで、PCでの視聴のが大きくなります。
画質は、当然ながらフルHD画質で見れる訳ありませんので劣化しますが、
最高画質にしておけば、非常に綺麗に見れます。
配信のお知らせをツイッター等に書き込みしてくれたり、
PS4のTOPでお知らせしてくれたりするので、なかなか快適です。
やりたいゲームが無いって時でも、誰かの配信見るだけでも楽しいので、
ゲーム倦怠期の私には、かなり嬉しい機能です(笑

ブロードキャストのテストの後に「Call of Duty Ghosts」を一緒にプレイ。
招待を出さなくても簡単に入っていける機能がありますので、
合流が凄く楽に出来ます。
時間も遅かったので、ボット戦を2回だけやりました。
ラグもないし(ボット戦なのでw)絵も綺麗なので非常に快適でした。

試しにプレイ動画を貼ってみます。

ちなみに設定を何もいじって無いのに、NATタイプがOPENになっていました。
ポート解放をやってないけど大丈夫なのかな?
今度はバトルフィールドで遊んでみたいですね。



「KILLZONE SHADOW FALL」
の記事は分けました。

こちらから見てください。
KILLZONE SHADOW FALLその1


ごちそうさまでした
スポンサードリンク
群狼旅団の休憩所・改

記事検索
オススメゲーム

発売中!絶賛プレイ中です♪


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


発売中!


絶賛発売中!




信長の野望・創造 with PK
PSVita版発売中!!


信長の野望・創造 with PK
PS4版発売中!!


『Corei7-4790』+NVIDIA『GeForce GTX970』搭載 G-TuneゲーミングPC


HORI リアルアーケードプロ
PS3/PS4両対応で将来性あり!
プロも使っています

ギャラリー
  • 【MHW再始動】ゾラ・マグダラオス撃退完了!
  • 【MHW再始動】ゾラ・マグダラオス撃退完了!
  • 【MHW再始動】ゾラ・マグダラオス撃退完了!
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
  • RIDE2で連戦連勝!Steamセールでモンハンワールド再始動
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ